スキルとして考えるべきメディカルチェック

看護師としてスキルを充実させ、活躍できる現場を増やしていきたいと考える人は多いです。そのために、先端医療を担っている病院を選んで就職する人も大勢います。高度医療を担えることは、看護師にとって重要なポイントであることは確かです。誰にでもできることではないからこそ、スキルとして認められて重宝される看護師になることができるでしょう。
そういった視点に立った看護師が軽視してしまいがちなのは、メディカルチェックです。「その程度なら誰にでもできるからあえてトレーニングを積む必要はない」と考えてしまう場合もあります。しかし、たとえ採血一つであったとしても、軽視してしまうわけにはいかないことは理解しておくことが大切です。どんなに高度な医療を担う看護師になったとしても注射器を扱うことは必ずあるものであり、そこで患者から不満を持たれては元も子もありません。基本的なことだからこそ、患者に負担をかけないスキルを身につけるために重視しなければならないのがメディカルチェックです。
その内容も多岐に渡るようになってきており、操作が難しい医療機器の使用を必要とする検査も含まれるようになってきています。そういったことも考慮して、一つのスキルとして認識しておくと良いのがメディカルチェックです。将来的な出世を望む看護師であってもそでなくても、必ず役に立ちます。患者に負担をかけない検査を行える看護師となることを基盤として、高みを目指すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です