女性が活躍するメディカルチェック

メディカルチェックは医療に関わる検査一般を示すものですが、狭義には基本的な検査を指し示しています。身体計測や血液検査・尿検査を代表とする、健康診断でのスクリーニング項目が該当することが多いのが特徴です。その検査の担い手は看護師であることが多く、看護師の活躍の場として医療機関ではよく知られています。しかし、より広い範囲ではがん検査などの高度な検査を含む場合もあり、メディカルチェックの意味合いは文脈によって異なることは知っておくと良いことでしょう。
いずれにしても共通しているのは、検査結果から得られる情報量が多くてルーチンで行われているものが多いということです。患者によっては、その結果を他人に知られたくないという気持ちが強いのが特徴といえます。医療関係者であっても異性には知られたくないと考える検査項目もあり、がん検査や不妊検査はその代表的なものとして知られています。こういった傾向は、男性よりも女性に強い傾向があります。その影響を受けて、女性が患者となる産婦人科では、メディカルチェックの結果を扱う上では入念な配慮が必要です。男性看護師がいたとしても検査結果を取り扱っていないように振舞っていることが重要であり、結果として女性看護師が活躍する現場となっています。
情報量が多い検査だからこそ、患者に対する配慮が欠かせないのが医療現場です。特に、産婦人科では男女の性別の違いのレベルから、配慮をしていくことが重要になります。