ルーチンで行われる検査と慣れの大切さ

看護師として、多数の診療科を巡る機会を与えてもらえる病院があります。その先々でさまざまな医療機器の取り扱い方を学び、簡単な検査を行えるようになっていきます。
看護師にできる検査は、血圧検査や採血だけではありません。特別に技師としての資格を必要としないものであれば、看護師でも検査を行うことができるので、多くを学べるでしょう。そういった課程を経て専門性の高い診療科に配属されるようになると、その診療科において専門的なメディカルチェックを行うようになります。そのときには、高度な医療機器を使用するようになることもあるようです。そのようなことから、検査が速やかにできなかったり、使い方がわからなくなったりしてしまって苦労をしがちになるケースが見受けられます。それが原因となり、できるだけメディカルチェックに携わらなくて済むように働いていこうと考えてしまう人もいるのです。
しかし、必要なときにはできなければならないのが事実であり、簡単にルーチンとして行えるようになっていく努力をすることが必要となります。そのために必要になるのは慣れであり、時間がかかってしまうことを恐れずに積極的にやらせてもらう機会を作っていくことが重要です。前向きな姿勢を見せていくことによって周囲からのサポートを受けやすくなるというメリットもあり、だんだんと医療機器の扱いに慣れていくことができるでしょう。医療機器の扱いは、慣れが最も大切となります。ルーチンとしてできるようになるために、できるだけ多くの経験を積むことが最良の解決策です。